女性騎馬警官隊

弊社大連事務所、杜社員より中国大連市で見ることが出来る「女性騎馬警官隊」についてご紹介します。
女性騎馬警官隊(以下同隊という)は、人民広場で見ることが出来ます。

異国情緒溢れる、女性騎馬警官隊

女性騎馬隊

大連の同隊は1994年に、中国で最初に編成され、今では大連の観光資源の一つとなっています。同隊隊員は現在約65名で、高校を卒業した18歳から25歳の女性が応募できます。ある年のデータによると、140名の警察官採用に対し女性騎馬警官隊は5名のみの採用と非常に狭き門であり、若い女性の憧れの職業です。契約は3年間であり、30歳になるまで更新することができます。
同隊の編成当初は、ヨーロッパからサラブレッドの馬を輸入していましたが、近年は香港の競馬会から馬を譲り受けているようです。
同隊はパトロールなどの治安維持や、都市管理などのほかにも、スポーツ分野での役割を担っています。2013年に開催された「第12回全国競技大会(中国全国運動大会)」では馬術関係の審判や補助審判を担当しました。
メディアでは「浜城(大連)の美しい景色」「中国で一番の女性騎馬警官隊」と呼ばれています。同隊の存在は、大連という海辺の都市をより一層美しく際立たせます。

社会が発展するにつれ、馬は人間の移動手段としての役割が減ってきましたが、同隊には欠かせない役割があります。それは馬と一緒に警備することで、より強い力を発揮できることです。

隊員達は馬に乗っているため視野が広く、群集の中を馬で駆け抜け、犯人を追跡出来るという優れた点があります。馬で追跡することで、犯人に逃走をあきらめさせることが出来ます。渋滞にも邪魔されないため、人が倒れた際にも、すぐに駆け付け、病院まで運ぶことも出来るなど優れた点があります。
同隊の存在は、都市の安定や繁栄の象徴でもあります。
大連を訪れた際には、是非、人民広場に行って「女性騎馬警官隊」を見てください。時には写真撮影に応じてくれることもあるようです。

PAGE TOP